ban14.jpg (10762 バイト)                                                                          戻る
「白いカンバス」
に 文字を置いていく、それはを描いていくこと。         

 

                   跳べ

      

            跳んでみろ

       目を閉じたままでいいから

       たとえ どろどろの

       地獄が待っていたとしても

               
           跳んでみろ

            

                                   おまえは
                           
            いつ   

         本当の おまえに 

            還るんだ

 

 

line1.jpg (8649 バイト)

          

 

           姿 
 

         鏡の中にある

      君の瞳の中にある

      ダ−クグリ−ンのボンネットに映っている

      OFFになったテレビ画面の中にある

      なにかを 押し殺したような 噛み殺したような

      歪んでみえるのは

      とり繕おうとする 

                       僕の    姿
          

   line1.jpg (8649 バイト)

      

        失いたくないもの

    君の  大きな瞳 白い歯 ぬれた唇 細い指、そして笑顔

    この  うつろな時計の針 風景 ため息、そして安らぎの棲家

    朝の  けだるい疲労感 喧騒 雑踏 新聞そしてコ−ヒ−の香り

    友の  優しい声 手紙 至福の一瞬 思いやり、そして歓声 

     ・・・・・・ じゃなくって、 

 

             目に見えるものじゃなく 

             形のあるものでもなく

          まして、自分を飾るものでも 讃美するものでもない

         移り変わる 自分の いのちのありさま

         その 深く 奥深いところに

     
                       きっと あるだろう 

               動かぬ 色あせぬ  自分自身のいのち

 
            この 生命の姿だけは  

                     失いたくない 

 

            line1.jpg (8649 バイト)


ありのまま


繕わず

飾らず

媚びず

そしたら 元気になれるって

いのちのまま    

    ありのまま


            line1.jpg (8649 バイト)


             


               この瞬間・とき  のすべて
                                          

 

      僕たちは いったい 何処から 来たのでしょうか

    僕たちは いったい 何処に  往くのでしょうか


       
季節が いずれ 透明な記憶になるころ

     僕たちも いずれ 透明なものになってしまうのでしょうか

pht0620.gif (45539 バイト)
               この空の青さは 好きですか

              この木々の青さは 好きですか

                      この雲の白さは 好きですか
             pht0621.gif (38658 バイト)
                              昨日の自分も 今日の自分も

                                                それに 明日の自分も

                   ここにいると 思えるんです

        
                       いつも 

                         この胸の中に いるんだと                  
        wpe.jpg (9502 バイト)   

 

                     line1.jpg (8649 バイト)

 

                                                      少年のように

              
                   泣き虫で

                   強情で

                 ちょっと 反抗的で

               そんな 少年の頃のようには

                   なれません

                   
                 でも  

               少年のように生きる 努力は

                 できる と思うのです 

 

                        

    

           

         いつから

 こんなに愚痴を言うようになったんだ

いつから こんなに信念をなくしたんだ

いつから こんなに世間を気にしてんだ

いつから こんなに媚びようとしてんだ

いつから?

line2.gif (3813 バイト)

    
     大人の

 

  恋も 大人の友情も

     大人の言葉も

     いらない

  大人は 全てを オブラ-トで 包んでしまうから

  君は  いつも やさしく微笑むだけだから

            
line2.gif (3813 バイト)

           

                               恋 歌

  手触りの薄い 虚構であることすら許される そんな歌

  所詮は 自己の正当性とわが身可愛さの麗句の羅列の歌

   
     日常の中にこそ 浪漫と冒険と 
                                           感動があることを見つけ出せずに

    
     こんな詩を いつまで書き続けるというのか

  わが身の周りに わが身自身に 恋慕の情があることを

        一番よく知っているのが

        
                     我々自身のはずでは ないか 



line2.gif (3813 バイト)

          

                              いのちのままに

          嬉しいときは 喜びましょう

         悔しいときは こぶしを握り

         悲しいときには うつむいて

         好きだったら 「好き」といい

         違うと思えば 「いいえ」といおう

           捨てるまい

             少年の いのち

 

                                                                                                     

line2.gif (3813 バイト)

                                                                    戻る