強がりをいおうが
                                    おのれが 正当だと言ってはみても
                                    瞼が腫れ、鼓動が速くなるのは何故だ
                                    頬にあたる風を冷たく感じるのは何故だ
                                    おまえが言ってた 楽観主義やら男の純情とやらは
                                    そんなに淋しいものなのか


  
19歳の作品  カット(背景)も                

  1968.8そくらてす』3号 から           

 

     無冠                            
                       

                                    
   明るい  まぶしいくらい明るい
   そんな 春の光が おまえをつつむ
     さっきまで 真っ白だった大気が
   透明になり  あんなに黒い土の中から
   青い芽が起ちあがる
   おまえに白い生命が微笑む

 

       そう おまえは裸で駆けてゆくのだ
       過去の涙も 未来への戸惑いも捨てて

       きっと 想像もつかぬくらい
       長い間駆けるのに違いない

       笑われ馬鹿にされ
       罵られるかもしれない

 

ああ おまえを包んでいた春の光は
一瞬
冷たい雨になり 熱い炎になる
体は裂け 肉は破れ
血が噴きだす
髪の毛は抜け 指は折れ 耳は切れる

 

   小さな利欲や きざな考えは捨てよ
   少しの不服や 汚い未練は
   笑って忘れよ

 

       駆けろ駆けろ
       裸で駆けろ
       お人好しで 馬鹿正直でよし
       嫌われ役でも 邪魔者扱いされてもよし
       さっき読んだたった一冊の本の
       理屈など 口に出すな

       先ず裸で駆けろ



       たとえ途中で傷ついても

       借り物の鎧や
       下手な小細工はよせ
       そうとも  乞食のおまえに
       王子様の衣装は 不似合いだもの


 明るい まぶしいくらい明るい

そんな 春の光が おまえをつつむ

 

大宇宙の奏でるメロデイ−が
  聞こえないか

 

汗びっしょりで歩くおまえ


おまえは一人で 駆けたんだ
     
     そう     一人で   

   

 

 

 

               

                                                 

   乾杯! @

       どんなに平凡であっても
       ちっぽけな 薄っぺらい生き方は
       したくありません。

       純な心と 潔さで 力の限り歩きます。

       ひとたび決めた道だもの。

 

       

 

              乾杯! A 

       お酒も飲みます
       少しエッチです

       仕事は人並みです
 
     恋愛もやります

       よくしゃべります
       淋しがりやです

       すぐおこります
       よくわらいます

       人気者です
       嫌われてます

       そうなんです
       どこにでもある スクラップです  

 

                  

   記憶: この壁紙(自作・絵)が詩集の挿絵でした。                                                 
     100部作り 当時の月給分(2万円余)の費用がかかり、同僚に100円/部で 買ってもらおうとしたら

    総務課長に呼ばれ「会社内で物品の売り買いなどやるな。」と お説教された。そうか、 いかん、いかん。  
                                                                                                    戻る